「人生の羅針盤」をエイジング・プラン・ノート(R)でつくろう

「人生の羅針盤」をエイジング・プラン・ノート®でつくろう

エイジング・プラン・ノート® の意義

3.「充実した人生」と「生涯現役」とは同義

私にとって「充実した人生を全うする」とは、即ち「生涯現役である」と言い換えることができます。「105歳の現役キャリアウーマン」の実現は、簡単にできることではないだろうと思いつつも、悔いを残したくない気持ちのほうが勝っています。

105歳という数字だけでなく、死ぬまで仕事を続けたいという考えに驚かれる方々も、相当数いらっしゃいます。「定年まで勤め上げたら、もう仕事なんてまっぴらご免だ」というご意見も耳にします。
「生涯現役」という目標は、経済的な事情を考慮した結果ではありません。もちろん、生きていく上でお金は必要ですから、全く関係ないとは言い切れません。でも、一番の理由は「仕事が好きだから」ということに尽きます。
このように申し上げると、まるでワーカホリックであるかのように誤解されがちですね。いえいえ、私は決して「仕事人間」ではありません。

私にとって「楽しく生きること」と「仕事をすること」とは、切り離せません。純粋に、「仕事が楽しい」のです。楽しいと思えない方々は、本来の天職を見出せていないような気がします。この点において自分が対極にいることは、心から幸せだと明言できます。
また、組織に所属していると定年がありますから、「105歳の現役は、あり得ない」と思われるのかもしれません。けれども、「独立自営」という道を選択すれば、生涯現役でいられるのです。先程使った「天職」という言葉は、職種だけでなくワークスタイルも含めた概念を込めて表現しました。
天職あればこそ、真の意味での自立が可能になるのではないでしょうか。

私のモットーは、「お役に立つこと」です。
2001年の独立開業以来、キャリアカウンセラー及び講師業務で関わった方々に対して、人生設計をお手伝いするという意識を持ちながら従事してきました。これまでの仕事に加え、エイジング・アドバイザー®として、より幅広い年代の方々のサポート役を担いたいと考えています。
そのためにも、心身ともに健康で、今後もさらに成長し続けることによって自分の役割を果たすこと。これが私のエイジング・プランです。

佐藤 祐子佐藤 祐子 (さとう ゆうこ)
エイジング・アドバイザー®/世渡り指南師®/プロフェッショナル・キャリア・カウンセラー®/認定キャリア・コンサルタント/認定エグゼクティブ・コーチ
講師プロフィールを見る



コメント(0) | トラックバック(0)
<<パーソナルミッション | 母親と娘 >>

カレンダー

<< 2019年 9月 >>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930

カテゴリ別アーカイブ

月別アーカイブ